科学的にも実証済
ニュージーランドカシスの効能

ニュージーランドカシス – 世界で最も
研究されたベリー

アメリカ国立医学図書館の生命科学・生物医学のデータベースには、ブルーベリー、ビルベリー、アサイー、クコなど他のベリー類よりも、カシスに関する論文が最も多く登録されているんです。数々の研究でカシスの効能が明らかになるにつれ、ニュージーランドカシスは健康食材として一躍脚光を浴びるように。健康的な毎日とアクティブなライフスタイルを支えるカシスの力に今ますます注目が集まっています。

アントシアニン含有量でトップに君臨

カシスがますます注目を集めるようになっている大きな理由として、カシス、特にニュージーランドカシスに豊富なアントシアニンが含まれていることが挙げられます。アントシアニンは果物に含有される赤色・青色の化合物で、イチゴやリンゴの赤い皮の部分、ビルベリーやブルーベリーの青い部分に含まれています。

ニュージーランドカシスのアントシアニン含有量は、一般的なフルーツと野菜の中でNo.1。その量はビルベリーやブルーベリーの3〜4倍にもなり、他の産地でとれたカシスと比べても多いことがわかっています。

特有のアントシアニンを持つ
スーパーフード

カシスの特徴でもある濃い紫色はアントシアニンの赤と青によるもので、その色の濃さは他の一般的なフルーツや野菜には見られないものです。しかし、ニュージーランドカシスの素晴らしさはこの特別なアントシアニンを突出して多く含んでいるということだけではないんです。他のフルーツやニュージーランド産以外のカシスには見られない、ニュージーランドカシス特有のアントシアニン群(複数種類のアントシアニンが混在)が含まれていることが最大の魅力です。

アントシアニンの組み合わせはなぜ大事?

これまでアントシアニンは、酸化ストレスによるダメージから身体を守る抗酸化物質であると考えられてきました。しかし、本来私たちの身体には酸化を抑える抗酸化力が備わっています。この体内の抗酸化力と身体生来の防衛・適応機能を「活性化」させること。それが身体をアクティブで健康に保つことにつながるのだということがわかってきたのです。

最近の研究では、アントシアニンの摂取、特にニュージーランドカシスだけがもつ特有の組み合わせからなるアントシアニン効果により、体内の抗酸化物質と防衛機能を活性化できることが明らかになりました。こうした機能の活性化が身体の適応力を高め、日々の生活や運動量の増加による身体への負荷、そしてエイジングに対処する力を与えてくれるのです。

世界で最も研究されたベリー、ニュージーランドカシスはその特有のアントシアニンの組み合わせで、日々のストレスと戦う身体の適応力向上を助けてくれます。生き生きとした毎日と、何歳になってもすこやかで美しい身体をつくるための心強い味方となってくれますよ。

ブログ
「Tales of New Zealand」

ニュージーランド特産品のひとつであり、世界最高品質を誇るニュージーランドカシス。
NZBCのブログでは、そんなカシスにまつわる知られざるエピソードや情報をご紹介しています。